広告批評が廃刊。

土曜日、青山ブックセンターで目撃したのが、 ものすごい厚い広告批評で・・・。

紙の時代とテレビの時代が終わっていくのかなと、物悲しくなりすぐ購入しました。

なにせ20歳の頃、大学図書館で創刊当初からの広告批評を片っ端から読み漁ったりしていたので・・・

(とはいい、書いてあったことはすべてといっていいほど忘れてしまった、が、シニカルな広告の作り手のセンスは朽ちる事はない)

特に数年前の佐藤ゼミの特集は面白かったので、また読み返したいと思います。 まさかあの本が無くなるなんて・・・R.I.P。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中