EIZO(NANAO)のモニター修理を頼んだら・・・

手持ちのPCモニターはEIZOの23型と24型の2台なのですが、そのうちの24型でうっかり壊してしまいまして・・・。

移動中に、階段を降りて、つかれたぁと思い、手を離したら、モニターがごろっと倒れてしまい、前面のフチ部分が「ぼろっと」取れてしまいました。。。

操作パネルがむき出しになってしまったので、慌てて手ではめ込んだのですが、電源等の操作ボタンが利かなくなってしまい・・・。一応電源をつなげば映像はきれいに映るので、修理をお願いしました。

以下簡略に流れをおさらいすると

・サポセンに電話。一応保障期間中であるものの、自損であるため今回の修理は自腹。

・専用箱が自宅に無い(捨ててしまった、1台は譲り受けたので箱がない)と、箱を元払いで送ってくれるので、それに入れて元払い(クロネコヤマトのパソコン急便)で送る。返送時も元払いできます。(箱はバカでかかったです!)

・修理前の査定料だけで1万円超かかる。ちょっと勇気がいる。これで修理費が3万かかるとか言われると、新品買ったほうが遥かに安いことになる。が、10万円のモデルで、かつ外側のフレームの交換とおおむね症状がわかっていたので、修理をお願いすることに。

・査定の結果、部品が取り寄せになり2週間かかるといわれたものの部品代は2000円で済んだ。トータルで約15000円位の出費になった。

NANAOの対応は良かったです。最後の返送先を変えてもらう事もお願いしたら対応してくれました。お盆や連休を挟むと、時間がとてもかかるので、気長に修理する必要があります。この辺、HPのパソコンとかで翌日修理とかを受けたりすると、そんなにかかるのかぁ~という部分ではありますが、仕方ないですね。

 

今日の教訓:修理は早めに手配しよう。

 

 

広告